矯正歯科HP HOME > 矯正治療について > 歯並びの改善

歯並びの改善

歯並びは治さなければいけないの?

歯並びの改善

多くの患者様が、ガタガタの歯並び、出っ歯、歯の隙間、八重歯などの見た目を気にされて、当クリニックの矯正治療相談にお越しになられます。悪い歯並びは、口元が目立ってしまったり、アンバランスなフェイスラインになったりと顔貌に影響することもあります。口元を気にされている方の中には、劣等感から人と話すことが消極的になり、心理的に悪い影響を及ぼすこともあります。

また、悪い歯並びは体の健康や成長にも大きな影響を与えます。悪い歯並びのことを「不正咬合」といいますが、不正咬合の歯は汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)のリスクが大きくなってしまうのです。
歯並びが悪いと食べ物をしっかり噛むことが出来ず、消化不良の原因にもなります。子供の場合、必要な栄養を取ることが出来ず、成長を妨げてしまうかもしれません。

笑顔と健康、そして自信を取り戻すために、歯並びの改善に取り組んでみてはいかがでしょうか?

歯並びを改善する方法

歯並びを綺麗にする方法には、歯を削ってセラミックの被せ物を装着する“セラミック治療(補綴矯正)”と、歯を動かして整える「矯正治療(歯列矯正)」があります。

セラミック治療は、短い治療期間で歯並びを改善できる治療法です。就職や結婚式などを控えているなど治療期間の限られている患者様に選ばれています。一方で矯正治療は、歯を動かして歯並びを改善する治療法です。時間をかけてもよいから、歯を削りたくないという患者様に選ばれています。

どちらの治療法が適しているかについては、患者様のお口の中の状態や生活スタイル、ご希望される改善程度などにより異なりますので、一度ご相談にお越しください。どちらの治療法も豊富な治療実績があり、患者様にご好評をいただいております。

セラミック治療と比較した利点・欠点

上の前歯が突出している症例(上顎前突、いわゆる出っ歯)を例にして、セラミック治療で歯並びを改善した場合・矯正治療で歯並びを改善した場合を比較してみました。それぞれ利点と欠点がありますので、ご自分に合う方法をご検討ください。

上顎が突出して噛み合っていない歯列を整える

セラミック治療による歯並び改善の利点・欠点

セラミック治療による歯並び改善の利点・欠点

《セラミック治療の利点》

《セラミック治療の欠点》

矯正歯科治療による歯並び改善の利点・欠点

矯正歯科治療による歯並び改善の利点・欠点

《矯正治療の利点》

《矯正歯科治療の欠点》

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス