矯正歯科HP HOME > 矯正治療について > 矯正治療について

矯正治療について

矯正治療とは

矯正治療前後

矯正治療(歯列矯正)は、歯並びや噛み合わせの異常な状態を、正しい形態や適切に機能するように歯を動かして整える歯科治療です。

これまでの矯正治療では、主に歯の表側に「ブラケット」と呼ばれる金属製の装置を接着させる方法が行われており、口元が気になってしまう方もおられました。しかし、近年では、歯の色に近いセラミック製のブラケットを付ける方法や、マウスピースをつけて歯を動かす方法などが開発され、目立ちにくい矯正治療が実現できるようになりました。

矯正治療を始める時期は、年齢が若いうちから始める方が効果的だと言われていますので、検討されている方は是非ご相談にお越しください。

矯正治療の期間について

矯正治療にかかる期間は、歯を動かす装置をつけるのが約1~2年、動かした歯並びを保つ装置(リテーナー)をつけるのが約1~3年を要します。
子供の頃に行う矯正治療は、顎の骨が柔らかく歯が動きやすいため、効率的に治療を進めることができます。成人になってからの矯正治療は、歯の周りの反応が遅い傾向にあり、お口の状態によっては治療期間が長くなってしまうこともあります。

大人になってからでは遅すぎる?

子供の頃に始める矯正治療は成長を利用しながら効率よく進められますが、大人になってからの矯正治療が遅いということではありません。矯正治療はお子様のためのものと思われがちですが、永久歯の歯並びや噛み合わせを機能的に正しくすることこそが矯正治療の本当の目的です。

大人の矯正治療は、歯の移動の予測がしやすいので、的確に治療を進めることができます。最近では退職を機に矯正治療を始められる方や、重度の歯周病の治療と併せて矯正治療を受けられる方もおられます。

矯正治療で使用する装置は、目立ちにくいタイプや、気になる部分だけを整えられるタイプなど様々な種類があります。
また、短い期間で矯正治療が終えられる可能性が高いインプラント矯正治療にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

唇側矯正(表側矯正)  舌側矯正(裏側矯正)  マウスピース矯正
インプラント矯正  部分矯正  保定

ページトップへ戻る

お子様の矯正治療について

子供の矯正治療

お子様(乳歯)の矯正治療は、歯並びの悪さが成長に悪い影響を及ぼすと判断された場合に行います。放っておくと、永久歯の歯並びや噛み合わせが乱れるだけでなく、食べ物をよく噛めなかったり、発音が難しくなってしまったり、体や顔のゆがみの原因となったりすることもあります。
お子様の歯並びで気になることがある方は、早めのご相談をお勧めいたします。

治療で使用する装置は、お口の状態や成長に合わせて、最も適した矯正治療法をご提案致します。

拡大床  ヘッドギア(加強固定装置)  バイオネーター(機能的矯正装置)
フェイシャルマスク  ムーシールド

ページトップへ戻る

矯正治療の方法について

矯正治療には、いくつかの方法がございます。患者様のご希望やご予算に合わせてご自由にお選びいただけますが、お口の状態や症状によっては適応できない治療法もございますので、担当の矯正歯科医師にご相談ください。

唇側矯正

唇側矯正

歯の表側(唇側、頬側)に金属製、またはセラミック製のブラケットを接着させ、そのブラケットにワイヤーを通して歯を動かす治療法です。矯正治療の中では最も一般的なもので、世界的にみても治療実績の多い方法です。ブラケットやワイヤーの種類が豊富ですので、口元が目立ちにくいようにすることも可能です。

当クリニックで矯正治療を受けられる成人の患者様のほとんどが、唇側矯正をご希望されています。

唇側矯正(表側矯正)

舌側矯正

舌側矯正

歯の裏側(口蓋側、舌側側)に金属製のブラケットを接着させ、そのブラケットにワイヤーを通して歯を動かす治療法です。特殊な矯正装置を使用するため、唇側矯正(表側矯正)と比べて1回1回の治療時間や治療期間が長く、費用も割高になってしまいます。

また、唇側矯正(表側矯正)と比べ、微調整が難しいことから噛みあわせをしっかりと仕上げることが難しいという欠点や、歯の裏側に装置が付くため、患者様によっては口内炎が多発したり、発音障害が起こってしまったりという欠点もあります。
お魚の小骨や野菜の繊維が歯に詰まった場合、気になって仕方ないという患者様にはお勧め出来ません。

舌側矯正(裏側矯正)を受けられた方の中には、歯の裏側についた装置が気になって日常生活に支障をきたし、唇側矯正(表側矯正)に切り替える方もいらっしゃいました。

このようなことから、現在当クリニックでは舌側矯正(裏側矯正)を行っていませんのでご了承ください。

舌側矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明で薄いマウスピースを一定期間装着し、歯の動きに応じて新たに作製したマウスピースに取り替えながら、少しずつ歯を動かす治療法です。
お口の状態によっては、マウスピース矯正が受けられないこともあります。

マウスピース矯正

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)

スピード矯正(インプラント矯正)

矯正治療用のミニインプラントを顎の骨に埋め入れて、それを軸にして歯を動かす治療法です。通常の矯正治療と比べると、費用が数万円高くなりますが、治療期間を短縮できる可能性があります。

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)

ページトップへ戻る

矯正治療の流れ

初診時:診査(簡易検査)および相談 ※相談料が無料になりました

精密検査を行う前に、一般の虫歯・歯周病検査としてレントゲン写真・お口の中の写真を撮影致します(虫歯や歯周病の進行が著しいと正確な診断が難しくなる恐れがあるためです)。虫歯検査には、保険が適用されますので、保険3割負担の方の検査費用は、約3,500円となります。次いで、矯正担当歯科医師による矯正相談を行います。相談は20分程度で、相談料は無料です。

矯正治療を希望される患者様

当クリニックにおいて矯正治療を希望される患者様につきましては、次回の受診日と時間のご予約を取って帰宅していただきます。
次の受診日では、矯正治療を行うための精密検査を受けていただきます。

矯正治療を希望されない患者様

矯正治療をご希望されない患者様は終了となります。なお、歯を動かして整える「矯正治療(歯列矯正)」ではなく、歯を削ってセラミックの被せ物を付ける“セラミック治療(補綴矯正)”を希望される患者様は、審美治療を専門とする歯科医師とご相談していただきます。セラミック治療のご相談に関しましては、矯正相談料は発生しません。

2回目:診査(精密検査)※診断料10,000円(税抜)が別途必要となります。

矯正治療の診断を行うために、精密検査(セファロレントゲン撮影など)を受けていただきます。矯正診断料として、10,000円(税抜)が別途必要となります。

3回目:診断結果の説明とお見積り書の発行

診断の結果を約20分間かけて患者様にご説明致します。

矯正治療が可能な患者様

診断の結果、当クリニックにおいて矯正治療を実施出来る患者様につきましては、患者様に治療方法や材質の選択をして頂き、お見積り書の発行をさせて頂きます。

矯正治療が難しい患者様

診断の結果、当クリニックにおいて矯正治療を実施出来ない患者様につきましては、この段階でお断りさせて頂きます。また、それでも矯正治療をご希望される患者様につきましては、大学病院への紹介状を発行させて頂きます。

お申し込み・矯正のための一般歯科治療・レントゲン撮影

当クリニックにて矯正治療をご希望される患者様につきまして、矯正治療のお申し込みをして頂きます。
お申し込みをされた患者様で、お口の中に問題が無い方は、次回から矯正治療が始まります。虫歯のある方、親知らずの抜歯が必要な方、歯ブラシ指導が必要な方につきましては、矯正治療開始にむけて一般歯科治療や衛生指導を行っていきます。

ページトップへ戻る

お支払に関して

お支払は基本3分割支払いとなっております。治療開始前に1/3、治療半ばに1/3、治療最終段階に1/3のお支払となります。院内での分割ですので、金利は一切かかりません。分割回数を多く設定されたい患者様には最大84回まで分割が可能なデンタルローンをお勧めしております。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス