矯正歯科HP HOME > 矯正治療について > 院内技工の利点

院内技工の利点

矯正治療における歯科技工士の役割

矯正治療(歯列矯正)は、矯正装置を使用して、歯や顎の骨に力をかけて悪い歯並びや噛み合わせを整える歯科治療です。
使用する矯正装置の中には、患者様のお口の状態に合わせて、歯科技工士がオーダーメイドで作製するものもあります。
より質の高い矯正治療を提供するためには、歯科医師や衛生士、技工士がしっかり連携を取り、同じ方針で治療にあたることが必要であると考えております。当クリニックでは院内に常勤の歯科技工士を抱え、患者様一人ひとりに最適な治療を提供できるように努めております。

院内技工によるメリット

矯正治療の料金を安く出来る

矯正治療を行う歯科医院で院内技工を行なっているところは極めて少なく、オーダーメイドの矯正装置が必要となった場合は、取引している歯科技工所に作製依頼を出しているところが多いようです。当クリニックでは常勤の歯科技工士が院内技工を行なっているため、外部発注にかかるコストを削減することができ、その結果、患者様の治療費の負担を少なくすることができました。

矯正専用技工物(リテーナー、拡大床など)の完全オーダーメイド化

矯正装置の作製を外部発注している場合、歯科技工士には歯型の模型とメモなどで作製の注意点を伝えるため、間接的にしか情報が伝わりません。当クリニックでは院内に歯科技工士が常駐しているため、治療を受けている患者様に立ち会うことができたり、作製に必要な情報を直接収集したりすることができます。それにより、患者様のお口に適した装置を作製することができ、効率よく治療が進められます。

設備を整えるだけでなく、院内技工の導入など患者様の細かなニーズにお応えすることができる治療システムを確立することで、より満足度の高い治療をご提供できるものと考えております。

矯正治療期間を短く出来る

矯正装置(リテーナーや拡大床など)を外部発注した場合、患者様の歯型の模型を技工所に送り、完成した矯正装置を歯科医院へ届けてもらう流れになりますので、輸送などのタイムロスが発生します。
当クリニックでは歯科技工物のほとんどは常駐歯科技工士が院内で作製しております。外部発注よりも早く患者様に提供できますので、治療期間を短縮することができます。
※外部の歯科技工所に作製を依頼することもあります。

リテーナーなどの即日修理が出来る

矯正治療中、自分で取り外すタイプの装置を破損させたり、歪ませてしまったり、紛失したりなどのアクシデントが起こることもあります。当クリニックでは院内技工を行なっておりますので、矯正装置のトラブルに迅速に対応できます。何か不具合が生じた場合は、すぐにご連絡ください。
なお、破損の程度が大きい場合や紛失の場合は、修理や作製に数日を要することもあります。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス