矯正歯科HP HOME > 矯正治療について > 矯正治療の連携

矯正治療の連携

医療チーム一丸となって行う矯正治療

医療チーム

医科(内科・皮膚科)・・・健康状態、アレルギー対策

矯正治療で使用する金属によってアレルギー反応がでてしまう方が、ごく稀におられるようです。
当クリニックでは医科(内科・皮膚科)でアレルギー検査が可能ですので、アレルギー体質の方、またはアレルギーに不安のある方はご相談ください。

一般歯科・・・虫歯治療、親知らずなどの抜歯、虫歯予防

矯正治療を行う前に、虫歯や歯周病の治療や、親知らずの抜歯などの事前処置が必要となる方もおられます。
当クリニックでは、このような一般歯科治療を行える歯科医師が在籍しておりますので、事前処置のために他の歯科医院へ通う必要はありません。ただし、特殊な状態(親知らずが神経や血管と近接しているなど)の場合は、大学病院にて抜歯を受けてもらうこともあります。
また、当クリニックでは、矯正治療中の虫歯や歯周病の予防にも力を入れています。歯科衛生士がお口の状態に応じて、ブラッシングや食生活の指導をしたり、付着したプラークや歯石の除去をしたりして、お口の健康管理を行っています。

矯正歯科・・・矯正治療、治療の管理

美しい歯並びや適切な噛み合わせを作り出すには、矯正治療に精通した歯科医師が担当することはもちろんのこと、その他の治療を専門とする歯科医師、医師、衛生士、技工士と連携を取りながら進めることも重要であると考えております。
当クリニックでは、在籍する複数の専門スタッフで議論し、患者様一人ひとりに最適な治療を提供できるように努めております。

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)は、ミニインプラントを顎の骨に埋め入れて、それを軸にして歯を動かします。
ミニインプラントを埋め入れる際は、年間1,000本以上(2013年実績)のインプラント治療に携わる歯科医師と連携を取りながら、よりよい歯列矯正が行えるように留意しております。

常駐歯科技工士・・・リテーナー、拡大床など

当クリニックには院内に複数の技工士が常駐しております。矯正の方法によっては、既製品ではなく、技工士が作製した矯正装置を装着することもあります。患者様に合った機能的な矯正装置を作るためには、技工士が患者様や当クリニックのスタッフと密な連携を図ることが必要です。また、矯正治療中に装置が壊れてしまっても、常駐している技工士によってすぐに修理対応することができます。

院内技工の利点

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス