矯正歯科HP HOME > 小児矯正 > ムーシールド

ムーシールド

マウスピースを使用して反対咬合を正す矯正治療

ムーシールド

受け口(反対咬合)の場合に、ムーシールドと呼ばれるマウスピースのような装置を用いて行う矯正治療があります。この装置を付けることで、舌やお口の周りの筋肉に作用し、上顎の成長を促すことと、下顎の成長を抑制することが期待できます。就寝時にのみ使っていただく装置で、3~4歳のお子様から受けていただける治療になります。
反対咬合の治療は、低年齢から開始すると改善できることがあり、下顎を切って改善させる外科手術を避けられる可能性が高くなります。

ムーシールドを使用する矯正治療のしくみ

反対咬合は舌のポジションが関係していることがあり、低い位置にあると下顎が前方に動く傾向にあり、それによって引き起こされることがあります。ムーシールドを装着することにより、低い位置にある舌がレスト(1)で引き上げられますので、訓練しやすくなります。また、シールド部分(2)でお口の周りの筋肉のバランスが整えることができますので、上唇の力が強いことによって起こる上顎の成長抑制や、下唇の力が弱いことによって起こる下顎の成長促進を防ぐことが期待できます。

ムーシールド

ムーシールドを使用する矯正治療のメリットとデメリット


ムーシールド矯正のメリット

ムーシールド矯正のデメリット

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス