唇側矯正(表側矯正)

ほとんどの不正咬合に適用可能な矯正治療

矯正治療(歯列矯正)は、矯正装置を使用して歯や顎の骨に力をかけ、不正咬合(上下の歯が適切に噛み合っていない状態)を整える歯科治療です。その中の一つに、歯の表側(唇側、頬側)に金属製やセラミック製などのブラケットを付ける方法があり、これを唇側矯正と言います。歯に付けたブラケットにワイヤーを通し、定期的に微調整しながら目的の位置へ歯を動かしていきます。唇側矯正は、様々な不正咬合に適応できるため、矯正治療の中で最もスタンダードな方法です。

目立たない矯正治療が可能です

唇側矯正

最近では日本でも、タレントやスポーツ選手が矯正装置をつけたままテレビに映るようになり、矯正治療が一般的になりつつあります。しかし、まだまだ欧米のように日常化している訳ではありませんので、装置が目立つのが嫌で矯正治療をためらっている方には、目立たない矯正装置をおすすめしております。

歯に付けるブラケットには、金属製だけではなくセラミック製やプラスチック製の物もあります。これらは、自分の歯の色に近く、口元が目立ちにくくなるため、当クリニックで治療を受けられる多くの患者様に選ばれています。詳しくは、矯正担当の歯科医師にご相談ください。

唇側矯正(表側矯正)の装置

唇側矯正【シルバー】

唇側矯正【シルバー】

歯に付けるブラケット装置が、金属製のものになります。金属なので目立ってしまいますが、唇側矯正の中で最も安価で受けられます。
金属アレルギーがでにくいものを使用していますが、不安がある方は矯正担当の歯科医師にご相談ください。
こちらの装置は、当クリニックで治療を受けられる患者様の中で、特に小学生の方に選ばれる傾向にあります。

唇側矯正【ホワイト】

唇側矯正【ホワイト】

歯に付けるブラケット装置が、セラミック製やプラスチック製のものになります。
どちらも白色の装置ですので、口元が目立ちにくくなりますが、費用が若干高くなってしまいます。ブラケットに通すワイヤーは金属製ものが一般的ですが、白いワイヤーやピーチゴールド色のワイヤーに変えることもでき、そうするとさらに目立ちにくくなります。
こちらの装置は、当クリニックで治療を受けられる患者様の中で、特に成人の方に選ばれる傾向にあります。

唇側矯正・舌側矯正・マウスピース矯正の比較

  唇側矯正 舌側矯正 マウスピース矯正
審美性 金属製は目立ちやすい。セラミック製やプラスチック製などの装置であれば目立ちにくい。 歯の裏側に装置をつけるので、矯正治療中とは気付かれないこともある。 透明なマウスピースを歯につけるため、ほとんど目立たない。
治療期間 通常2~3年 唇側矯正よりやや長め マウスピースの装着時間によって大きく変わる
費用(上下) 700,000円(税抜)~ 840,000円(税抜)~ 1,200,000円(税抜)~
※全顎矯正の場合
適応症例 様々な不正咬合に対応できる お口の状態によってはできない お口の状態によってはできない
メリット 1.使用する装置を選択できる
2.矯正治療の中では最も一般的で、世界的にみても治療実績の多い方法
見た目に大きな変化がない 目立ちにくい
デメリット 金属性を選択した場合、装置が目立つ 1.他の方法よりも、治療に要する時間や期間が長くなる
2.費用が高い
3.微調整が難しく、お口の状態によっては限界がある
4.喋りづらく、口内炎ができやすい
5.違和感が特にでやすい
食事の際に外す必要がある
2.付け忘れると治療期間が長くなり、歯並びや噛み合わせに影響がでることもある
お手入れ 見える部分に装置がついているので、ブラッシングがしやすい 見えない部分に装置がついているので、ブラッシングにテクニックを要する 自分の歯とマウスピースそれぞれの清掃が必要

舌側矯正(裏側矯正) マウスピース矯正

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス